ブルームーンはお好きですか?

数学と芸術とプログラムについて日々思ったことを書いていきます、雑食。

最近のアレコレ

おはようございます。このブログは私がネットに残しておきたいことと箸休め的なもので構成されているのですが、最近箸休めな記事ばかりで申し訳ないなという気持ちの中、今日も箸休めな記事を書かせて頂きます。(数学の記事を真面目に書いてる途中なので…)

 

最近はなにをやってるかということとか書いていこうかなと思います。

 

 Openframeworksを始めました。

 

見出しの通り、oFはじめました。自分のやりたいことに対して、私の持ってる技術があまりにも足りなかったので始めました。それなりにはプログラムの知識を持ってますし、数学基礎論で鍛えられたメタ思考は役に立ってるなと感じてます。実際まえに新しくプログラムの勉強始めた時よりも理解が早いなあと感じました。ただここでもまえにつまずいた問題が2つ来ました。

 1つ目

昨今、プログラムの本やパソコンの本が溢れかえっておりますが、今までそれらの本をよんでいつも思うのが、なんで定義と性質を分けて書いてくれないんだと思うのです…(あくまでわたしの個人的な感想であり、そういったものを求めてる人は少ないかもです)と言いますか、どの本もパソコンのハードの前提知識やソフトウェアの前提知識を仮定してるのですが、むしろわたしが知りたいのはその仮定している知識の話だったりします。セルフコンテインドな本だったり、そこの知識がわからない時にこの本を参照するといいと書かれている本が少ないなと感じました。最近解決策が見えてきて「Write Great Code」を読めばいいのではという感じなりました。中身を軽く見た感じですが、良さそうな本でした。ただ、高い…

 

2つ目

中途半端な説明のブログが多いことです。

 と言いますか、正確に言えば同じようなブログが多いのでどれを参考に書けばいいかわからないという問題です。自分が参考にしたい記事を探そうと思っても、この記事にはどこで動かすのか書いてない。この記事はOSが違う。そもそもこのブログ書いてる人わたしよりも知ってないじゃん……  などなど。そういう場合いいブログが後の方にいってるので、ああ淘汰されないかなあとラディカルな思想が生まれるのでした。(私もなるべくいいブログを書くことを努めたいですね)

 

 

そんなこんなですが、まあなんとかやれているので頑張って覚えたいです。こちらでも書いたcodeなどをつぶやけたらと思います。

よくよく考えたらそんなことしかしてなかった…笑

というわけでなんか少ないアレコレでしたが、箸休めになったのでうれしいです。

そろそろちゃんとしたブログを書きましょうかね。

それでは駄文失礼しました。