ブルームーンはお好きですか?

数学と芸術と日々思ったことを書いていきます、雑食。

「君の膵臓をたべたい」を読む。

まさか更新がこんなに早くなるとは思わなかった。

1日が手持ちぶたさんになったので近くの本屋に入って知人が読んでいた本を手にとって読んだら結構面白かったので、買って読んでしまった。

手持ちぶたさんにしてくれた友人には感謝しないといけない。(感謝はしてない)

 

住野よる作、2015年出版の「君の膵臓をたべたい」。

主人公は他人とまったく関わろうともしない読書が好きな高校二年生の「ぼく」。ある用事で病院に行ったときに、いすに置いてある見たこともない本に惹かれて手を取った。その本のタイトルは『共病日記』。それがきっかけでクラスメイトの山内桜良と不思議な関係になる……。

 

最近、結構中身を読んで欲しくて内容を書かないことが多くなってしまった。これを見た人の一人でもみてくれて一緒に感想を言い合いたいなあと思ったら書くのもあれかなと思い、あまり言わないようになってしまった。勿体無い。

まあ、ここからは個人の感想がつらつらと書かれているものだと思ってくだされば。

 

最近読んだ本の中では結構好きな部類に入る本だ。個人的には結構文体に好き嫌いが多いので買っても読まない本とか沢山あるのだがこれは結構好みの文体だった(好きな特徴とか嫌いな特徴はこれ!みたいなものはないがそんなものは気分で変わるので…)

まあそれは置いといて、気に入った表現はタイトルの『君の膵臓をたべたい』まさにこれにつきる。私は今まで誰かと心の逢瀬を重ねたことなどほとんどないが、これは本当に重なったんだろうなあとおもう。素敵だなと純粋に感じた。

人と心の逢瀬を重ねた時にその人が必要とされていると感じると私はかってに思ってる。だからこの本が好きなんだろうなあ感じた。素敵な本だ。

これ以上はまあ無粋になるので書かない。

 

これをみたら、ちょっと小説を書きたくなった。前に駄文なのを書いた覚えがあるがもうちょいまともなものを書いてみたいなあと思った。

 

というわけで、よかったらこの本の感想言い合いたいのでお茶でも行きませんか?

 

ではこれで。